.

はじめたばかりの人向けのFXの雑誌では、「損失を被った場合はナンピン買いをすることでポジション全体のコストを下げる」等説明されていますが正直に言うとそれには相当大きな危険があります。コンブチャクレンズ 口コミ

最初に、ナンピン買いのロジックについて簡単に記述しておきます。ホワイトヴェール

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。岩元 おせち 予約

ドル買いのため円安ドル高に動くほど利益が出るわけですが、95円までドル安方向に進んだとします。土壁 補修 種類

この状況でポジションを保持し続けたら利益がでるためには損失分、ドル高に向う必要があります。スルスル酵素 薬局

誰もがみんな、損失は早急にリカバリしたいと思います。外壁 カラー選び シュミレーション

これを解決するためはじめに注文したのと同じ量のドルを1ドルを95円で買います。アヴァンセラッシュセラム 効果

それで、ポジションの平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで引き下げることができます。コンブチャクレンズ 販売店

要するに、2円50銭の幅で円安が進行すればマイナスを取り戻す事が出来ます。ミュゼ

この流れがナンピン買いの仕組みです。アンボーテ 口コミ

このような、ナンピン買いの理屈をみると、「まちがいない」と思ったりするが為替は簡単には思い通りにはいきません。

1ドル95円が下値だということなど誰も分かるはずがありません。

外国為替市場が強いドル安傾向だったら、1ドル95円ではとどまらず、より一層ドル安が加速する可能性がある。

1ドル=97.50円でナンピンをするとしても95円まで円高ドル安が速んだらナンピンを入れた分についてもマイナスが生じることになってしまうのである。

こういう状態では一番初めに持ったポジションと同時に倍の為替差損が生じます。

それほど、ナンピンは難解です。

それでは、為替相場があなたの物語とは別の方向にすぐに進む場合どういった対策で危険をコントロールすればいいのでしょうか。

こういう状態で選択する選択肢は2つ。

まずひとつめはあきらめて損を確定する事です。

もうひとりは、その段階で、あなたが保有しているポジションを小さくする事で、もう一度外国為替市場が回復するのをひたすら待つ事です。

ちょっと消極的な術だと言う方もいるだろう。

しかし、買いポジションにマイナスが出た時一番リスクが低い術はこれ以外には考えられません。

無論、考え方としては、ナンピンという手段も有効です。

だがナンピンはあなたが損失を披っている場面にもかかわらずポジションを無くすどころか、逆にポジションを増やしていく方法である。

それでは、危機を制御することなどどこをどうやっても可能ではない察するべきです。

ナンピン買いを続けられればその内マイナスがプラスになるかもしれません。

しかし、そうなる前に投資資金はショートしてしまうだろう。



クレンジング酵素0 効果なし スルスル酵素 お試し