.

クレカを契約していると月々、契約カード会社から利用明細が郵送されてきます。これらご利用明細を見るとどの店舗で何月何日にいくら利用したのかというような細かな内容が書かれているため過去のクレカを使った決済の履歴を照会するためにきわめてたやすく実用的です。これだけで運用するにはある意味少し無理があると感じるかもしれませんが収支記録風に仕上げることもできるため貯金管理の味方にもなるはずです。加えていま言ったクレジットカード明細書の通知があってからだいたい十日ぐらいしてから請求額の振り込みが行われます。なのでこれらのクレジットカード利用明細書を確認してみて、少しでもおかしな決済、例えばもし行ったこともない国が記載されていればフリーダイヤル等に連絡して聞けば良いだけでしょう。もしカード不正利用のようなユーザー以外による使用が確認された時でもカードカード所持者に落ち度がない時には、ほとんどの状況においてはカード会社がその疑わしい利用をリストからはずしてくれます。今日ではこの便利なクレカの利用代金明細をWEB上で見られるカードが普通になっています。日頃からどのお店でどのようなサービスを買ったかを把握しておく方法で不正利用を防止することができるし、出納帳として使うアイディアもあり資産管理等もこれでできます(WEBページで確認することができる会社は昔の利用額や利用可能残高などが確認可能な場合が多です)。カードは上記の面でもとても助けになるツールなのです。